~支えあい称えあう職場と社会づくり~
ふりかえり体験学習による人間関係訓練の開発・普及、ファシリテーター養成・メンター養成41年目を迎えました。

セミナーお申し込み

お問い合わせ

コンセンサス実習『危機からの脱出《海編》』


海での“危機”に遭遇した際の脱出法を、チームで話し合います。<br />
様々な意見を1つの決定に導くコンセンサス・スキルを学びます!

企業研修などで行われる「体験学習」は、誰もが楽しく参加できる教育ワーク(実習)を通して、主にコミュニケーション、チームワーク、リーダーシップなどのヒューマンスキル(人間関係スキル)を学ぶ学習法です。参加型学習なので、研修に慣れていない方でも、興味を持って参加でき、かつ、学びの深いものです。
『危機からの脱出《海編》』は、海でのトラブル対処法についてチームで話し合い、1つの合意(コンセンサス)に導く大変盛り上がる実習です。コンセンサス実習は学びの大変多い実習と言われています。難易度の違う8つの設問が用意され、設問数を増減することにより実習時間を調整でき、大変使いやすい実習です。
ねらい
・チームづくりに必要なコンセンサス・スキルを身につける。
・話し合いにおける自分の態度・考え方の特徴を知り、コミュニケーション力の向上につなげる。

コミュニケーションと、何らかの決定の連続で、チームは成長していきます。「自分の意見を明確に伝える」「異なる意見を受け容れる」などコンセンサスに必要なスキルを学習します。同時に、大変盛り上がる実習なので、チームづくりそのものにもつながります。また、コンセンサス実習は、「自分は意外に保守的だ。」「相手の気持ちに配慮できない。」などコミュニケーションにおける自分の態度・考え方の特徴や課題にも気づく実習です。
受講対象
・一般社員からリーダー、管理職層まで、あらゆる階層、あらゆる職種。
・コミュニケーションを学習するために、新入社員・若手社員を対象とする。
・社内イベントなどでも、活用できます。

コンセンサス・スキルは、年齢やキャリアに関係なく大切であり、折に触れて、それができているかどうかを確認する必要があります。また、会議や商談、部下指導などでも必要なスキルなので、階層別・職種別研修に活用するのも効果的です。
コンセンサス・スキルは、一クラス上のコミュニケーション・スキルです。若手社員にコミュニケーションを学ばせるにも良い実習です。また、大変盛り上がる実習なので、経営方針発表会や内定式の催し物として実施するのにも向いた実習です。

危機からの脱出の特長


学習の流れ

・参加人数-1チームあたり4か5名が適正(3~8名程度でも実施できます。)
・実施時間-60~180分(設問数により変わります。)

「浜辺で雷に会ったら」「海でサメに遭遇したら」など海での危機の設問に対し、3つの選択肢が用意されています。まずは、個人で考え選択します。その後、チームで話し合い、全員の合意で1つに決定していきます。チーム決定に至る過程で、自分と異なる意見を聴き、葛藤が生まれたり、「そんな考え方もあるのか。」と関心したり、様々な気持ちの揺れが出てきます。実習後に、「他人の意見をシッカリ聴く」「他人の気持ちに配慮する」などのコンセンサス・スキルができていたかどうかをふりかえります。
この実習は、専門家による妥当と思われる答えが用意されています。答え合わせの際、自然と正答率の競い合いになり、全体が大変盛り上がります。

個人で「ふりかえり用紙」を記入することで、まずは自分ひとりで実習でおこったプロセスについて「ふりかえり」を行います。
考えたことをアウトプットすることは、後の話し合いの際にとても有効な手段となり、研修効果を深めます。

個人で記入をした「ふりかえり用紙」に書かれていることをグループ内で全員発表し、各グループ内でおこったプロセスについてわかちあいを行います。ここで行われる「わかちあい」を行うことで、個人で考えていたグループプロセスの同じ部分や異なる部分を受け入れることで、個々の価値観の違いや自分の考え方・聞き方・話し方などを学ぶことができます。

①から③で行ってきたことに対し、次の機会にどうするかを考える。
ここで「実習のねらい」に沿った小講義やコメントをすることによって、研修で行ってきたことをふりかえり、あるべき姿に対し仮説をたて、今回の実習を活かすための行動を行うことで、「楽しいだけのコンセンサス実習」が、実りある「人間関係トレーニング」に生まれ変わります。

「ラボラトリー体験学習」は、1940年代に米国で生まれ、日本では1960年頃導入されました。当初は布教活動のリーダー育成を目的として活用されましたが、企業教育・学校教育にも大変効果的であるとされ、その後は企業内の社員教育を中心に広まった学習方式です。実習を使用したグループワーク主体で進めるこの学習方式は、現在では普通に実施されているグループワークやワークショップ等を活用した研修やトレーニングの源灯となっています。

企業から学校まで幅広くご使用いただけます

企業研修の全階層に対応できます

企業研修の全階層に対応できます

新人からマネージャークラスまで、あらゆる階層で使用することが可能です。各研修の「ねらい」に沿った学びを体感することができます。

病院職員や団体職員など幅広い業種に

病院職員や団体職員など幅広い業種に

企業に限らず、病院や団体など様々な業種でコミュニケーション研修ツールとして使用することができます。

学校・大学での授業にも使用できます

学校・大学での授業にも使用できます

企業・団体に限らず、学校や大学の授業においてもクラスやゼミ、クラブなどの関係強化やリーダーシップ実習の教材としてもご使用いただけます。

プログラム詳細

対象者 階層: 全階層
対象となる仕事 全業種・全職種
実施時間 約1時間半
費用 無料
会場 【東京開催】
株式会社プレスタイム セミナールーム 東京都港区南青山6-11-3 南青山三樹ビル6F


商品詳細

体験学習セット「危機からの脱出(海編)」
体験学習セット「危機からの脱出(海編)」
価格:48,600円(税込)
セット内容: 【1】ファシリテーター用実施マニュアル×1冊
【2】配布資料1(状況・課題)×100枚
【3】配布資料2(設問用紙1)×100枚
【4】配布資料3(設問用紙2)×100枚
【5】配布資料4(記入用紙)×100枚
【6】配布資料5(チーム集計表)×100枚
【7】配布資料6(ふりかえり用紙)×100枚
【8】配布資料7(踏み出す一歩記入用紙)×100枚
『危機からの脱出《海編》』は、海でのトラブル対処法についてチームで話し合い、1つの合意(コンセンサス)に導く大変盛り上がる実習です。コンセンサス実習は学びの大変多い実習と言われています。難易度の違う8つの設問が用意され、設問数を増減することにより実習時間を調整でき、大変使いやすい実習です。

公開セミナー・体験会

現在、セミナーはございません。

お問い合わせ

資料請求