「バスは待ってくれない」カード実習型研修プログラム


公開講師派遣

「チームビルディング」「リーダーシップ」の向上のための研修ツールをお探しでお困りのご担当者様、必見です!

学習の流れ

各グループを6名前後にチーム分けを行い、「隣町には、A,B二つのバス停があります」「歯医者は、公園の前です」「銀行から、北へ300m行くとJRの踏切です」・・・などといった24枚の”情報カード”をチームのメンバー一人ひとりに渡し、制限時間内にその情報を口頭で出し合い、話し合っていくことで、1枚の地図を作るという楽しい「カードタイプ」の問題解決実習です。

個人で「ふりかえり用紙」を記入することで、まずは自分ひとりで実習でおこったプロセスについて「ふりかえり」を行います。
考えたことをアウトプットすることは、後の話し合いの際にとても有効な手段となり、研修効果を深めます。

個人で記入をした「ふりかえり用紙」に書かれていることをグループ内で全員発表し、各グループ内でおこったプロセスについてわかちあいを行います。ここで行われる「わかちあい」を行うことで、個人で考えていたグループプロセスの同じ部分や異なる部分を受け入れることで、個々の価値観の違いや自分の考え方・聞き方・話し方などを学ぶことができます。

①から③で行ってきたことに対し、次の機会にどうするかを考える。
ここで「実習のねらい」に沿った小講義やコメントをすることによって、研修で行ってきたことをふりかえり、将来の姿に対し仮説をたて、今回の実習を活かすための行動を行うことで、「楽しいだけのカード実習」が、実りある「人間関係トレーニング」に生まれ変わります。

プログラムの魅力

販売開始から30年超のロングセラー!企業・団体・学校における「チームビルディング」「リーダーシップ」の向上を促すための研修のカード型実習の決定版です!企業・団体・学校などあらゆる組織の「チーム内のコミュニケーションのあり方」「情報の処理の仕方」「リーダーシップについて」「仕事への動機づけ」「集団の意思決定」「発想の転換」など問題を解消することができます。「バスは待ってくれない」は、”楽しく””深く””体験的”に学ぶことができるカード実習型の研修プログラムです。
「グループプロセス」について
ある仕事(課題)を達成するために、何人かでチームを作って活動することはよくあります。この実習では、メンバーにバラバラに渡された情報を、定められたルールに従ってわかちあいながら、一つの課題を達成します。その過程で起こるさまざまな事柄(コミュニケーション、リーダーシップ、目標、意思決定、雰囲気、メンバーの感情など)、つまり、「グループ・プロセス」(グループ(チーム)が課題を達成していく過程で起こるさまざまな事柄のこと)についてわかりやすく学習していくことができます。また、情報の処理の仕方、仕事の手順化について考えたり、自分が持っている固定概念や思い込みなどに気がつくこともできます。
「ふりかえり」の効果
”「楽しい」カード実習”を行うだけではなく、この「バスは待ってくれない」では、実習後に行う「ふりかえり」用紙の”記入””発表””わかちあい”を行うことで、グループ(チーム)内で起こったプロセスについて、グループ(チーム)内で、指摘・分析を行い、仮説をたてるなどして、組織内での活動の次の機会に実践するための計画を立てるなど、話し合いを行うことで、ただ「楽しい」だけではない学習効果を深めることができます。

企業から学校まで幅広くご使用いただけます

企業研修の全階層に対応できます

企業研修の全階層に対応できます

新人からマネージャークラスまで、あらゆる階層で使用することが可能です。各研修の「ねらい」に沿った学びを体感することができます。

病院職員や団体職員など幅広い業種に

病院職員や団体職員など幅広い業種に

企業に限らず、病院や団体など様々な業種でコミュニケーション研修ツールとして使用することができます。

学校・大学での授業にも使用できます

学校・大学での授業にも使用できます

企業・団体に限らず、学校や大学の授業においてもクラスやゼミ、クラブなどの関係強化やリーダーシップ実習の教材としてもご使用いただけます。

こんなお悩みに

プログラムのご紹介

「考える力」を養う。
私たちの多くは、学ぶというと知識を獲得することが中心である「概念学習」の方法で学んできています。ですから、与えられ覚えることは得意です。しかし、自分で「考える」ことは苦手です。「考える力」を培ってこなかったといってよいでしょう。それは子どもに限らず、大人の世界でも同じです。例えば企業の新入社員などを見てみると、「考える力」が非常に弱いと言われています。「これをしなさい」という、決められたことをするのは非常に得意で、とても上手にやってのけますが、「考えてごらん」となるともうお手上げです。何を考えたらよいかわからないのです。これまでずっと「与えられる」こと、「覚える」ことが「学ぶこと」の中心となって生活してきていますから、当然といえば当然の話なのでしょう。この実習を通して「考える力」を養います。
ヒューマンスキルトレーニング(人間関係に関する教育)
に最も有効です。
例えば、「コミュニケーション」について学ぶ場合を例にとってみましょう。
コミュニケーションに関する研究や理論はたくさんありますし、講義で「コミュニケーションとは何ぞや」という話を聞く機会もたくさんあります。しかし、それらを読んだり聞いたりしただけで果たして自分のコミュニケーションのあり方がよくなるかというと、必ずしもそうではありません。コミュニケーションとは、異なった存在である「個人」と「個人」のかかわりあいですから、一人ひとりのあり方が違うということを前提にしている「ラボラトリー体験学習」の方法、言い換えれば生の体験を通して学習していくことで、より多くのことに「気づき」「考えて」いくことができます。コミュニケーションに限らずすべての人間関係トレーニングは、人と人との関係に関することがらを様々な視点から学び、より豊かな、より望ましい人間関係を創り出そうとするものです。この実習を通して「ヒューマンスキルトレーニング」を行うことが可能です。
実習とは、何かそこで「考え」たり、「気づき」が起りうるような
「場」を提供するための学習素材です。
例えば、「コミュニケーション」について学ぶとき、実習『バスは待ってくれない』を使うとします。それは一見ゲームのように見えますが、単なるゲームではありません。なぜならば、実習を行った後に「体験学習のサイクル」に基づいた「ふりかえりの話し合い」をすることにより、コミュニケーションのあり方や問題点などについて自分達で“考える学習材料“となるからです。プレスタイム社の実習は、参加者がお互いの関わりあいの中から学ぶことができるように状況設定や内容などが十分工夫され、また必ず「体験学習のサイクル」がまわるように設計されています。

「ラボラトリー体験学習」は、1940年代に米国で生まれ、日本では1960年頃導入されました。当初は布教活動のリーダー育成を目的として活用されましたが、企業教育・学校教育にも大変効果的であるとされ、その後は企業内の社員教育を中心に広まった学習方式です。実習を使用したグループワーク主体で進めるこの学習方式は、現在では普通に実施されているグループワークやワークショップ等を活用した研修やトレーニングの源となっています。


商品詳細

体験学習セット「バスは待ってくれない」
体験学習セット「バスは待ってくれない」
価格:48,600円(税込)
セット内容: 【1】ファシリテーター用実施マニュアル×1冊
【2】教材5グループ分(「バスは待ってくれない」情報カード(24枚)×5)
【3】配布資料(学習のねらいと進め方)×100枚
「バスは待ってくれない」とは、問題解決実習の名称です。各人に渡されたバラバラの情報を口頭で出し合って、「隣町の歯医者さん」に行くための地図を作成する楽しい問題解決実習です。体験学習では非常によく使われている有名な実習の1つです。この実習の所要時間は2~3時間です。
体験学習セット「バスは待ってくれない2」
体験学習セット「バスは待ってくれない2」
価格:48,600円(税込)
セット内容: 【1】ファシリテーター用実施マニュアル×1冊
【2】教材5グループ分(「バスは待ってくれない・2」情報カード(24枚)×5)
【3】配布資料1(学習のねらいと進め方)×100枚
【4】配布資料2(課題用紙)×100枚
【5】配布資料3(ふりかえり用紙)×100枚
【6】配布資料4(踏み出す一歩記入用紙)×100枚
「バスは待ってくれない」とは、問題解決実習の名称です。各人に渡されたバラバラの情報を口頭で出し合って、「隣町の歯医者さん」に行くための地図を作成する楽しい問題解決実習です。体験学習では非常によく使われている有名な実習の1つです。この実習の所要時間は2~3時間です。
体験学習セット「Don't miss the BUS(バスは待ってくれない【英語版】)」
体験学習セット「Don't miss the BUS(バスは待ってくれない【英語版】)」
価格:64,800円(税込)
セット内容: 【1】ファシリテーター用実施マニュアル×1冊
【2】教材5グループ分
【3】配布資料1(参考フレーズ集)×100枚
【4】配布資料2(学習のねらい・実施概要)×100枚
【5】配布資料3(Advice)×100枚
【6】配布資料4(CALLENGE&Rules)×100枚
【7】配布資料5(ふりかえり用紙)×100枚
【8】配布資料6(踏み出す1歩用紙)×100枚
【9】正解地図
「バスは待ってくれない」とは、問題解決実習の名称です。各人に渡されたバラバラの情報を口頭で出し合って、「隣町の歯医者さん」に行くための地図を作成する楽しい問題解決実習です。体験学習では非常によく使われている有名な実習の1つです。この実習の所要時間は2~3時間です。

※こちらの商品は【英語版】です。
実習用教材「バスは待ってくれない」情報カード24枚×5セット
実習用教材「バスは待ってくれない」情報カード24枚×5セット
価格:24,300円(税込)
セット内容: 「バスは待ってくれない」情報カード(24枚)×5セット

※「バスは待ってくれない」のマニュアルをお持ちの方のみ、ご購入いただけます。
「バスは待ってくれない」情報カード(24枚)×5セット
実習用教材「バスは待ってくれない2」情報カード24枚×5セット
実習用教材「バスは待ってくれない2」情報カード24枚×5セット
価格:24,300円(税込)
セット内容: 「バスは待ってくれない・2」情報カード(24枚)×5セット

※「バスは待ってくれない2」のマニュアルをお持ちの方のみ、ご購入いただけます。
「バスは待ってくれない2」情報カード(24枚)×5セット
実習用教材「Don't miss the Bus(バスは待ってくれない英語版)」教材カード×5セット
実習用教材「Don't miss the Bus(バスは待ってくれない英語版)」教材カード×5セット
価格:48,600円(税込)
セット内容: 「Don't miss the BUS」教材カード×5

※5グループ分の教材です。
※1グループのカードは、情報カード(24枚)+建物カード(8枚)+ヒントカード(8枚)の合計40枚となります。
「Don't miss the BUS」教材カード×5

※5グループ分の教材です。
※1グループのカードは、情報カード(24枚)+建物カード(8枚)+ヒントカード(8枚)の合計40枚となります。

公開セミナー・体験会

  • NEW

2018年03月13日
「バスは待ってくれない」無料体験会 3/13(火) 開催

  • NEW

2018年02月26日
「バスは待ってくれない」無料体験会 02/26(月) 開催

  • NEW

2018年02月15日
「バスは待ってくれない」無料体験会 02/15(木) 開催

  • NEW

2018年01月30日
「バスは待ってくれない」無料体験会 01/30(火) 開催

  • NEW

2018年01月18日
「バスは待ってくれない」無料体験会 01/18(木) 開催

  • NEW

2017年11月27日
「バスは待ってくれない」無料体験会 11/27(月)開催

  • NEW

2017年12月27日
「バスは待ってくれない」無料体験会 12/27(水)開催

  • NEW

2017年11月16日
「バスは待ってくれない」無料体験会 11/16(木)開催

  • NEW

2017年12月13日
「バスは待ってくれない」無料体験会 12/13(水)開催

関連商品

体験学習セット「バスは待ってくれない」
価格:48,600円(税込)

各人に渡されたバラバラの情報を口頭で出し合って、「隣町の歯医者さん」に行くための地図を作成する楽しい問題解決実習です。体験学習では非常によく使われている有名な実習の1つです。
実習用教材「バスは待ってくれない」24枚×5
価格:24,300円(税込)

※実習「バスは待ってくれない」のマニュアルをお持ちの方のみ、ご購入いただける商品です。
実習用教材「Don’t miss the Bus」×5
価格:48,600円(税込)

「Don’t miss the BUS」(バスは待ってくれない英語版)のマニュアルをお持ちの方のみご購入いただけます。
体験学習セット「Don’t miss the BUS」バスは待ってくれない【英語版】
価格:64,800円(税込)

情報は全て英語で記載されており、また、地図を作る実習中は、できるだけ英語で話すようにします。チームの仲間と協働しないと地図は作れませんので、自分がわかる範囲の単語やフレーズ、時にはジェスチャーで、自分なりにコミュニケーションしていくことになります。

資料請求はこちら